保育士という立場で優しさを築き上げていく・・・

成長の瞬間!一緒に見つめてみませんか?

人生は選択の連続ですね。進学や就職、結婚、子供は?子供を生んだらその次は?職場復帰出来るかな?どこに子供を預けるか、預かってくれる場所もいっぱいで働くなんて無理。そんな報道はよく聞きますよね。保育士不足、社会の子育てに対しての理解不足など様々な問題が要因とされています。社会に保育士の立場から時々言いたくなりませんか?「私達だって頑張って体張って人の命を守り預かっている職業なんだ」なんて。考えてみれば保育士って凄い職業だと思いませんか?「三つ子の魂百まで」とよく言われますが、保育士とは人格形成の一部、人間の一番重要な時期に携わる職業なのです。年齢も何もかも越え、周りと手と手を携え胸を張って子供を育ててみませんか。未来はあなたのやる気を待っているかもしれません。

母子、父子家庭、様々な家族の在り方

様々な家族形態の在り方が世に広がる中、「家族」という体制だけでは子供を育てる事が容易ではなくなってきているように思います。親は勿論精一杯、精一杯の心のコップはあふれそうであっても、まだ幼い子にはわかりません。親の溢れんばかりの感情のコップが溢れる前に、子供に向けられる前に、救いの手を差し出す事ができる数少ない人こそが保育士なのかもしれません。保育士は子供を育てるだけではない、その周りも支えている存在なのかも知れないと思うと、この職業の素晴らしさと重要性を改めて感じませんか。

どんな状況でも優しさは最大の強さ

子供を見ている中で、何でも指示に従う子、逆に反発するばかりの暴れん坊など、本当に1人1人違います。どの子供も見た目だけでは心の中まではわかりません。子供と接している時間が長い保育士だからこそ、その心の芽を見守り正しい道へと導くことが出来るのです。それは保育士にとって時に辛い道のりかもしれません。しかしそこにやりがいを感じることが多いのも確かです。「先生だから」といつも完璧なんてことはありません。教える側、子供、互いの気持ちを向き合わせることで最大の優しさを作り上げていくのではないでしょうか。

保育士の求人は、給料の支払い方法や勤務時間などに大きな違いがあることがあり、魅力ある求人先に問い合わせることが大切です。