保育士としての資格を活かした職場を大紹介

保育士が活躍しているのは保育園だけじゃない

保育士になると、保育園で働くものばかり思い込んでいる人がいます。しかし、決してそんなことはありません。保育園以外の職場でもたくさんの保育士資格を持った人たちが活躍しています。乳児院や児童養護施設、公立の児童館など、例をあげ始めるときりがないほどです。そこで、どんな場所で保育士の資格も持った人たちが必要とされ、実際にどのように活躍しているかを見てみることにしましょう。保育士の資格があれば、いろいろな場所で働くことができるということがわかるでしょう。

乳児院や児童養護施設

乳児院や児童養護施設は、どのような施設かご存知ですか?意外と知らない人も多いんですよね。これらの施設は、家庭の事情によって保護者が家庭で乳幼児の面倒を見ることができないと認められた場合に、親に代わって子供たちの面倒を見てあげる施設なんです。乳児院では0歳から1歳未満の乳児を、児童養護施設では1歳から18歳までの子供たちを受け入れて、生活の世話をしています。原則として、子供たちは施設に住み親と離れて暮らします。これらの施設では、決められた人数の保育士を置かなくてはなりません。たくさんの保育士が職員として採用されています。

障害のある子供たちの世話をする施設

障害のある子供たちのお世話をする施設でも、保育士が大活躍しています。障害の治療に関しては、医師や看護師さんが担当します。保育士が必要とされるのは、障害のある子供たちの日常生活の支援や生活指導においてです。障害のある子供を、親だけで面倒見るのは大変なことですよね。したがって、子供たちを施設に入所させて子供たちの生活全般の面倒を見たり、家から毎日施設に通ってきてもらって、保育士が世話をする必要があるんです。子供たちにとっても、親御さんにとっても大変重要な仕事ですよね。

保育士の求人なら神奈川県でお探しする事をおすすめします。神奈川県では保育士の仕事の待遇が良い所が多いのでおすすめです。