保育士を目指す人必見!必要な資格や就職先

保育士を目指すために

保育士になるためには国家資格を取得する必要があります。取得するためには二つの方法があります。一つは厚生労働省に指定された保育養成課程のある四年制の大学や短大に入学し所定の単位を取得し卒業すれば資格を得ることができます。二つめに保育士国家試験を受験することです。試験は各都道府県で年に一回かいされています。受験資格については複雑な部分もあるので事前に自治体に確認しておくと安心です。また通信き教育を利用して資格を取得することもできますが面接授業などの受講が必須になります。

保育資格の試験内容と必要とされるスキル

保育士の国家資格の試験内容は筆記試験と実技試験があります。筆記試験では保育の原理や心理学・栄養などの8科目の内容があります。そして実技試験では課題曲をピアノ・ギターなどで演奏したり絵画の作成などがあります。一見難しそうですが練習をしておけばきちんとできます。そして保育士にもとめられていることは「信頼できる」とゆうことです。保育士を信頼して子供を預ける環境を作るためにも保護者や子供と十分にコミュニケーションをとり信頼関係を築くことが大切です。

保育士の資格を持つ人の就職先

保育資格をもつ人が働ける場所は保育園以外にも様々な場所があります。例えば助産施設・児童発達支援センター・障害児入所施設など0歳から18歳までの子供がいる施設があげられます。基本的にはこのような施設へ就職をしますが、近年子どもの支援に力を入れている自治体が増えてきており保育資格を持っているがなかなか就職ができない人が自治体へ登録をしてベビーシッターとして近くに頼れる人がいないとゆう方の家を訪問し育児を手伝ってくれる制度もあります。

保育園の求人では、魅力的な求人が豊富に揃っているため、仕事に対するやりがいを求めて転職を行う際にも役立ちます。