英語力に自信がなくても応募できる外資系の求人

アジアの外資系の求人を探そう

一般に外資系の求人に応募する時は、高い英語力が求められます。挨拶ができる程度の英語力ではなく、自分の意志をきちんと伝えられる英語力です。また会話だけではなく、きちんとした英文を書く能力も求められます。高い英語力が求めれるのは、アメリカやイギリスなどの外資系の会社が中心になります。それ以外のアジアの外資系だったら、高い英語力を求めないこともあります。英語を使って限定的なコミュニケーションができれば、応募できます。

英語力に実務経験があれば有利になる

アジアの外資系の求人の場合は高い英語力は求められないのですが、実務的な経験は重視されます。例えば施工管理の経験があったり、医療機器の営業の経験があったら、応募の時に有利になります。もちろん、日本語で仕事をした経験ではなくて、英語を使ってした仕事の経験です。ただし、正確で文法上の誤りが少ない英語ではなく、仕事の現場で自分の意志を何とか伝えられる言葉の能力を持っていれば、即戦力として認められることが多いです。

外資系の仕事を紹介する転職サイトに登録しよう

アジアの外資系の仕事を探す時でも、転職サイトが役立ちます。普通のサイトではなく、外資系の仕事を専門に取り扱っているサイトです。初めて外資系の会社に応募する時は、キャリアコンサルタントのアドバイスを受けた方が良いでしょう。外資系の場合は履歴書から英語で書かなければなりません。英語の履歴書は日本語のものと形式が異なっているので、注意が必要です。また面接の仕方も異なっているので、専門のコンサルタントに相談する必要があります。

ネットワークエンジニアは求人の件数が豊富ですから、自分が納得できる職場を見つけることができます。ポイントは、シフトや給与、所在地を明確にして探すことです。